コラム

漏電ブレーカーが落ちてしまったら

漏電ブレーカーが落ちてしまっても慌てる必要はありません。ブレーカーが落ちている時、電気は流れていない状態です。感電や火災がすぐに起こるわけではありません。漏電ブレーカーが落ちてしまっても慌てずに行動することをお勧めします。 漏電ブレーカーが落ちてしまった場合、まず修理屋さんに連絡すると良いでしょう、自分で漏電箇所を見つけても修理をするには専門の知識が必要となる場合もあり、結局修理屋さんの力が必要になる場合が多いと思います。漏電ブレーカーが落ちてしまった場合、修理屋さんに連絡をし、指示をしてもらうのが一番安全な対策といえるでしょう。 漏電箇所の確認が自分で行える場合、漏電している場所以外のブレーカーだけを作動させることにより、漏電箇所以外の電気は通常通りに使うことが可能になります。ただし、漏電箇所は1箇所とは限りませんので漏電ブレーカーが落ちてしまった場合、一度専門の業者さんに調査を依頼することをお勧めします。漏電は停電以外にも火事や感電などの被害に合う可能性のある非常に危険なものです。可能であれば個人で対応するより、漏電修理のプロに対処をお任せすることを勧めします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211