当サイト相談スタッフから

ブレーカーの交換なら、私達にお任せ下さい

スタッフ写真

漏電事故が発生してしまって、電気回路に異常が生じているのではないのか、という可能性が考えられるような場合には、ブレーカーの交換が必要になることもあります。

このような場合には、素人では対処できませんから、専門の電気工事店などに依頼して、まずは漏電事故の原因が何であったのか調べてもらうことになります。

その上で、電気回路自体に何らかの異常が生じていると判明すれば、ブレーカー交換の工事が必要になる、といったことになる場合もあるわけです。

漏電事故が起こった場合には、それが必ずしもブレーカーの問題であるとは言えないのですが、電気回路に過電流が流れる場合などがあって、そのことが原因となって、漏電が発生してしまう場合があるということになれば、電気回路に流れる定格電流のオーバーということになります。

このような場合には、ブレーカーを交換することで定格電流を増加させて、過電流が流れてしまわないようにする、といった措置を講じる必要があるわけです。

このような状態を放置しておけば、火災の原因ともなりかねないわけですから、信頼のおける電気工事店などに依頼して、できるだけ早くその原因を究明して、問題を解決しておく必要があるのです。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。