コラム

電気による火災

電気による事故について感電に関したものは先日お話したとお思います。今回は電気による火災についてお話したいと思います。電気が原因の火災は割と沢山あるのですが、身近なものからストーブやコタツのつけっ放しによる火災・コンセントがトラッキングしてしまい火が出てしまうなど色々原因があります。最近テレビなどで「火災の原因は漏電によるものだと思われる」こんな言葉を目にしたことはありませんか?現在では省エネ化運動が進んでいるのでオール電化システムを取り入れているご家庭は沢山あると思います。非常によく出来たシステムですがそれけ沢山の電気を使うのですから漏電には気をつけなければいけません。実際に昨今漏電が原因と考えられる火災が増加しているようです。電気が原因の火災は準備・対策をする事によって火災の発生する確率を下げる事ができます。漏電ブレーカーをつけたり、トラッキングが起こりにくいコンセントなどもありそれらを利用する事で火災が発生するリスクを下げる事ができます。漏電を発見した場合は自分で修理するのはお勧めできません。専門の知識が必要になりますし、感電などの危険性も潜んでいます。漏電を発見した場合はすぐに電気の用を一旦止めて専門の業者さんに連絡したほうがよいでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211