コラム

過電流

日常生活では電気は必須となります。皆さんが日頃テレビを見たり、料理をしたり、ストーブを使うことが出来るのも、 電気があるからなのです。 ですので、もしある日、突然電気が一生使えなくなったらと思うと恐ろしいです。 ただ、一生でなくても一時的に電気が使えなくなってしまうことはよくあるので、注意したほうが良いでしょう。 電気が使えなくなる原因としては漏電がありますが、漏電が発生してしまう原因には過電流があります。 過電流の種類は、上記のように電気の使いすぎだけでなく、ショートが発生するというのがあります。 ショートは、室内にある電源コードを誤って別の配線に接続することで、配線に危険な電流が流れてしまうことを指します。 電気の使いすぎとは、一度にたくさんの電気製品を使うことで、配線に許容値を大きく上回った電流が流れてしまうことを指します。 もし過電流が発生すると、電線に煙が上がって火災が起きる可能性があり、大変危険です。 ですので、電気は充分に気をつけて使いましょう。 とはいえ、漏電は自分の不注意だけで発生するわけではありません。 もし他の原因で発生してしまった場合は、当サイトの「漏電修理110番」までご相談ください。 丁寧に対応いたします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211