コラム

皮膜を破るのは誰か?

家庭で使用されている電力でも、使い方を間違えれば重大な被害を及ぼします。そのため電気機器や電気配線には、絶縁体という電気を通さない皮膜で厳重に絶縁されています。しかし、この皮膜も完璧ではなく、何らかの理由によって剥がれてしまう事があります。そうなると内部の配線はむき出しになり、漏電が発生する原因になります。
それでは、どのような理由で絶縁体の皮膜が剥がれてしまうのでしょうか。どうしても避けられないのは、経年劣化です。配線には常に熱や電気によるストレスがかかっており、その耐用年数はおよそ20~30年と言われています。さらに、周辺環境の温度が高かったり、タコ足配線による過電流によって高温が発生したりすると傷みは早くなります。また、シロアリやねずみによって皮膜が齧られてしまうというケースもあります。
それらの原因を取り除かない事には、何度漏電修理を行ったとしてもすぐに再発してしまうでしょう。漏電修理を依頼した際は、どのような原因から漏電が発生したのか、それを解決するためにどうすればいいのかよく相談するようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211