コラム

漏電ブレーカーが検知できないトラブル

漏電は火災や感電と言った甚大な被害をもたらすため、すぐに止めなければいけません。そこで役に立つのが漏電ブレーカーです。もしも漏電を検知しますと漏電ブレーカーが落ちて住宅全体の電気を止めるため、漏電による被害を防ぐ事ができます。しかし中には、漏電ブレーカーが検知できない漏電もあるため注意が必要です。

それは、トラッキング現象やショート(短絡)が発生している場合です。トラッキング現象とは、コンセントのプラグの間にホコリが溜まり、そこに水分が付着して何度も放電して発火してしまう現象です。ショートは、銅線と銅線が何らかの原因によって接触してしまい、大きな電流が流れて異常な発熱を引き起こす現象です。
漏電ブレーカーは、行きと帰りの電流に差が生じた場合に作動します。もしも漏電が発生していた場合、電流の一部は地面に流れていきますので、差が生じて作動するのです。しかしトラッキング現象やショートの場合は、電流が近道するだけですので量は変わらず、漏電ブレーカーは落ちないのです。

トラッキング現象とショートは厳密には漏電ではないため、漏電ブレーカーが役に立たないことがあります。しかし漏電修理を行っている業者の中はこのような現象も心得ていますので、万が一の被害に遭わないためにも一度ご相談いただければと思います。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211