コラム

漏電ブレーカーが故障している場合も

漏電は感電や火災を引き起こすため、速やかに対策しなければいけません。そこで頼りになるのが漏電ブレーカーの存在です。漏電を検知しますと漏電ブレーカーが落ち、電気を止めることで大きな被害が発生するのを予防してくれます。その後漏電箇所を見つけ、適切な処置を施す事によって漏電修理は完了です。

しかし、肝心の漏電ブレーカーが故障しているという場合もあるのです。もしも漏電ブレーカーが故障しますと、漏電が発生していないにもかかわらず勝手にブレーカーが落ちてしまったり、漏電を検知できなくなったりといった不具合が発生するようになってしまいます。そのようなことを防ぐためにも、定期的にブレーカーの交換を行わなければいけません。
漏電ブレーカーは分電盤という箱の中に収納されています。分電盤には他にもアンペアブレーカーや安全ブレーカーも収納されていますが、長年使用していますと劣化も進んでいきます。その交換時期は設置から13年と言われており、それだけの年数が経っていましたら、分電盤ごと交換してもらうのがよろしいでしょう。ただし、その施工には電気工事士の資格が必要になりますので、ご自身では行わずに業者に依頼して行うようにしてください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211