コラム

漏電を未然に防ぐのも大事

日常生活を過ごしていると、いつ災害に見舞われるか分かりません。これは「漏電」に関しても同じことが言えます。漏電が起きる原因は様々ですが、地震も原因の一つということは覚えておきましょう。例えば、過去には大震災が起きましたが、この時も各住宅で漏電が起きたのはご存じでしょうか? 地震の被害と聞くと大きな揺れによる事故が思い浮かびますが、漏電が起きることも少なくありません。地震は家具だけでなく、複数の配線も揺らすので、配線同士がこすれ合って、電気が漏れてしまうのです。しかも、こすれた場所から火災も起きるので、住宅全体が焼けてしまったケースもあります。人の目に触れない箇所で起きる事故なので、火災に気づくのが遅くて逃げ遅れた方もいらっしゃるかもしれません。少しでも漏電による火災を防ぐには、地震が起きたらまず速やかにブレーカーを落とすことが大事です。ブレーカーを全て落とせば、漏電や火災が起きる心配は少なくなります。 電気がなければ、日常生活を過ごすことができませんが、上記のような事故が起きるのも事実です。漏電が起きたらすぐに業者へ漏電修理を依頼することは大事ですが、漏電が起きないよう注意しておくことも忘れないようにしたいですね。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211