コラム

漏電はどういう状態なのか

漏電は危険、漏電は電気代が高くなるなど、漏電が起きることによるマイナスは知っていても、そもそも漏電は一体どういう状態か経験者でもない限りよくわからないのではないでしょうか。また、素人が目にしてわかるものなのでしょうか。詳しく知っておきましょう。まず、漏電がどういうことかと言いますと電気が目的の回路に向かうまでに外部に流れ出てしまうことです。漏電の文字通り漏れている状態ですね。次に漏電を素人が気づけるものなのかみていきましょう。結論から言いますと漏電は分かりにくいです。漏電によって電気の使用量が増えるとブレーカーが落ちますが、それによって何か原因があるのではと初めて気づく人いるのではないでしょうか。そもそも、電気を扱う物すべてに漏電しないように「絶縁」と呼ばれる処置がなされています。そのため何か原因でもない限りは漏電することはないのです。家庭内で起こる漏電の原因としては、ネズミが家に入り込みケーブルなどにある絶縁被覆を食べてしまう、ほこりの蓄積、アースが適切に扱えていないなどが当てはまります。こういった原因となる行為は予防したり避けたりと、徹底して取り除いていきましょう。漏電が起きていると感電する恐れがあり、うっかり触わると、命を奪われる危険性があります。漏電を見つけたら自身で対処しようとせず、すぐに修理を依頼するようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211