コラム

漏電の放置は危険

先月と比べて電気代が跳ね上がっていて、なぜこんなに高くなっているのかと悩まれている方はいないでしょうか。それはもしかしたら漏電が原因かもしれません。漏電とは文字通り電気が漏れている状況を指します。漏電が起こる原因は様々ですが、いずれにしても放置しておくと危険が生じます。漏電が発覚した場合は早急に業者に依頼して漏電を修理してもらいましょう。漏電の原因としてまず考えられるのが湿気や結露です。漏電が起こった場合、ほとんどこれが原因と言われています。湿気や結露がした水蒸気が、電化製品やコンセントの中に入り込むことで、電気が漏れ出し、漏電が起こるのです。また、電線の老化ということも考えられます。通常、配電盤や電化製品には漏電しないように絶縁処理が施されています。しかし、経年とともにこの処理が剥がれてしまい、漏電することがあるのです。漏電が起きているかを確認する方法は難しくありません。配電盤を確認して漏電ブレーカーもしくは、独立している主幹ブレーカーだけが落ちていれば漏電の可能性が高いです。確実に確かめるには、主幹ブレーカーの下に位置する分岐ブレーカーを全て落とした後、主幹ブレーカーを上げます。その後分岐ブレーカーを1つずつ上げていき、主幹ブレーカーが落ちれば、その場所で漏電が起きているということなのです。漏電していることがわかれば、すぐにでも業者に依頼して漏電を修理してもらいましょう。漏電を放置すると、最悪家事が起こることもあり、電気代のことを愚痴っている場合ではなくなるのです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211