コラム

漏電に関する基礎知識

通常、電気配線や電気器具類には、電気が漏れないように「絶縁」という処理がされています。電線などが傷ついたり、また老巧化して被覆がはがれるなどの原因により外部に電気が流れることを「漏電」と言います。また防水性がない電気器具が水をかぶったりしても絶縁が悪くなり、漏電が起こります。この漏電は、感電事故や火災の原因に繋がる非常に危険な現象です。
ではどうして感電は起こるのでしょうか?電線に触れただけで感電するのであれば、電線に止まっている鳥は感電するはずです。でも、実際に鳥が感電しているところは見たことがありませんよね。それは鳥の体には電気が流れていないからです。電気は通常、行きの電流の電線と帰りの電流の電線の2本を使って流れています。電灯回路では1本は100ボルトの電圧がありますが、もう1本は0ボルトなのです。この電圧の差によって、初めて電流が流れるのですが、1本の電線では電圧の差がないので、鳥は感電しないのです。
アースは配線や電気器具などが万が一漏電した時に、漏れた電流を大地に逃がして感電の危険を少なくするものです。漏電遮断機とアース線を取り付けておけば感電の危険性はかなり低くなります。また、感電した場合でも人体に及ぼす影響は小さくなります。
私たちの生活の身近な場所でいうと、洗濯機や電気温水器などの水気・湿気の多い場所で使用する電気器具には、アースの取り付けが必要となります。アース線を取り付けることにより、私たちの暮らしは守られているのです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211