コラム

漏電とはどんな状態?

日常生活で欠かすことのできない電気。電気があることによって夜でも室内を明るくすることができたり、パソコンや洗濯機、エアコンなど便利な電化製品を使ったりして、より快適な生活を送ることができます。しかし、電気にはトラブルが発生することも。電気の性質上、トラブル内容によっては火傷や火災、電化製品の故障なども起こり得ます。漏電やショートといった言葉を聞いたことがある方も多いと思いますが、この二つの違いはご存知でしょうか。漏電は、電線の絶縁劣化などによって1本の電流が地面に逃げてしまう状態のことを言います。ショートの場合は、2本の電線を接触させることによって起きるトラブルです。各ご家庭でこの二つを確かめる方法としては、漏電ブレーカー、ブレーカーでの検知があります。しかし、漏電ブレーカーは設置されていないご家庭もあるかと思いますので、万が一のトラブルに備えて設置しておくといいでしょう。そして、もしも漏電が発生したらすぐに漏電修理をするようにしましょう。漏電をそのままにしておくと、火災の発生などに繋がってしまいます。快適で安全な生活を守るためにはトラブルへの早めの対処が大事です。漏電にお困りでしたら、ぜひ当サイトへご相談ください。一般家庭だけではなく、法人様からのご相談にも対応しております。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211