コラム

漏電ってなんだろう

漏電による火災や感電といった言葉を耳にしたことがあるかと思いますが、漏電とは具体的にどのような現象なのかをご存知でしょうか。電化製品やコンセントなど電気を用いる器具は、多くありますが、触れただけでは感電しないようになっています。これは「絶縁」が大きく貢献しており、電気の通り道や電気を使用する部分にだけ電気を流し、その他には電気を一切通さないようにする役割があります。漏電とは、この絶縁が何らかの理由により、効果を正常に発揮せず、電気が本来通っては行けない場所に漏れだすことを言います。漏電の原因は水濡れや物理的破損などがありますが、その要因は様々あり原因の特定が難しいです。例えば新築であっても施工不備やネズミにかじられてしまうといった事も考えられますので、どの場所でも漏電は起こりうるのです。漏電には、感電や火災のリスクがあり大変危険な状態です。しかし、アースや漏電遮断機などといった漏電対策をしっかりと行っていれば、そのリスクを大幅に下げる事が出来ます。ですが、漏電自体がなくなるわけではありませんので、漏電が発生したら速やかに漏電修理を行いましょう。また、大雨の後などには比較的漏電が発生しやすいので、定期的な漏電調査も大切です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211