コラム

漏電し続けている場合があります

漏電ブレーカーが故障をしてしまうと、建物内の漏電を検知するものが無いので、常に漏電し続けている場合があるようです。
漏電している箇所が目に見える場所でも、見えない場所でも重大な事故に発展する恐れがあるのでその点注意が必要かもしれません。
例えば壁の中で漏電が続いている場合、漏電による火花などで断熱材や建材が加熱され、発火、火災に発展する恐れがあります。
また、目に見える箇所の場合は、不用意に手を触れた時に感電してしまい、また漏電ブレーカーがないので感電しても電気の供給が止まらず、死亡事故に発展する危険性もあります。
漏電ブレーカーが機能していれば、漏電を検知して瞬時に電気を止めることが出来るので、これらの事故を防ぐ事ができるかもしれません。 ですが、普段ブレーカーを見ない、触らないという方も多く、実際に故障しているのかどうか、気が付かない場合もあるようです。
漏電の兆候にも幾つかあるようで、例えば常に電気代が高めに推移しているなどのサインがあるようです。
漏電ブレーカーにはテスト機能が備わっていますので、不安な場合はテストしてみて、正常作動しないようであれば、すぐにでも漏電修理のプロへご相談されるのがおすすめです。当サイトは24時間受け付け中ですので、どうぞご利用下さい。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211