コラム

漏電しているのが分かったら

通常、漏電ブレーカーが設置されている建物内で漏電が発生した場合、漏電ブレーカーによりほぼ瞬間的に電気が遮断され、漏電による事故を防ぎます。 しかし、漏電ブレーカーが設置されていなかったり、あるいは漏電ブレーカーが故障していて作動していない場合はどうでしょうか? 本来であれば漏電ブレーカーが作動して、自動的に全ての電源が止まるはずですが、漏電ブレーカーが故障していると、電気がそのまま流れ続けます。 大電流が流れる機器や水を使う電気機器で漏電していた場合、死亡事故に発展する場合もあります。 もし、幸運にも事故が起きる前に漏電と、漏電ブレーカーの故障について分かった場合はどうすればよいのでしょうか? まず、電気が流れていると危険なので、ブレーカーの中の電力会社の設置したブレーカーをOFFにします。 こうすることで、電流が流れっぱなしになることを防ぎ、感電や故障の原因を排除できます。漏電ブレーカーが復旧するまでは、危険なので電源をONにすることは避けて、速やかに専門の修理業者を呼びましょう。 専門業者が見つからない場合、当サイトにご相談を頂ければ24時間体制でコールセンターが稼働しており、加盟店をご紹介することができるので、お気軽にお電話ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211