コラム

漏電から感電

普段は電気製品や電気コードを触って感電することはありません。これは絶縁処理が行われているからです。(絶縁処理とは、電気が外に漏れないようにした処理のことです。)
しかし、絶縁処理も時間とともに劣化してしまい剥がれてしまうことがあります。それにより、電気が外に漏れ出す現象を漏電と呼ぶのです。
漏電したコードなどを素手で触ってしまえば感電事故が起こります。感電は人命にも関わる非常に危険な事故なので、きっちりと予防対策をしておかなければなりません。

まず大切なことは漏電を放置しないことです。漏電ブレーカーが何度も落ちる、電気コードの被膜が破れているなどが起きている時には、すぐに漏電修理をするようにしましょう。
また漏電が起きている時には不用意に電化製品やコード類に触れないことも大切です。漏電の原因がわからない時には、漏電修理のプロが到着するまでむやみやたらと動き回らないようにしましょう。
感電は電気が身体に直接流れて起きる現象なので、電気に触れなければ少なくとも感電の心配はないでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211