コラム

水回りだけじゃない漏電事故

ブレーカーに装備されている漏電遮断器が正常に作動していれば、漏電を検知すると瞬時に電源を遮断して、万一の事故を防ぐことが出来るのですが、これが故障したまま使用していると、重大な事故に発展することが考えられるため、日頃から気をつけておく必要があります。 例えば、家の中だと水回りでの感電事故にはかなり気をつけると思いますが、それ以外の場所はどうでしょうか。 家電に囲まれた生活を送っていると、ついついその機器に高電圧が流れているということを忘れがちです。 テレビのコンセントやパソコンのACアダプタを付け替えたり、スマートフォンを充電しようと充電器を取り付けたりするだけでも、感電の危険性は全くのゼロというわけではなく、漏電遮断器などがしっかり作動しているから、普段は大丈夫というだけなのです。 普段から使う場所だからこそ、異常がないかを定期的にチェックして、少しでもおかしい所があれば、早めに直してもらうことが必要です。 漏電遮断器には、通常テスト用のスイッチが取り付けられているので、定期的に漏電遮断器が正常作動するかをテストするのもおすすめです。もし、遮断器のテストがうまくいかない場合は、すでに故障していることが考えられ、事故の原因になりますので、早めに当サイトへご相談ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211