コラム

水を使わない場所にも漏電ブレーカーは必要です

電気設備を後から増設した場所にブレーカーを設置する場合、水を使わない場所だからと漏電ブレーカーを設置しない、もしくは設置されていても壊れたままにしているというのは、それは大変危険なことです。
漏電というと、お風呂場やキッチンなどの家電製品で起きるイメージがありますが、実際には決められた場所に決められた電流が流れていないければ同じことです。
特に水と同様に人体は電気を通しやすいので、漏電している危機に触れれば、最悪の場合、命に関わる事故が発生する恐れがあります。
万が一感電してしまうと、軽いものならちょっとした傷みを受けるだけで済むのですが、大きな電流が体を通ると筋肉が硬直してしまい、その場を離れられず電気によるダメージが体に加わります。
もし漏電ブレーカーが設置されていれば、瞬時に電流を遮断することで、感電事故による最悪の事態を止めることが出来るかもしれないのです。
現在漏電ブレーカーが設置されていないような設備がある場合は、お早めに漏電修理をおすすめします。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211