コラム

僅かな電流でも危険です

アニメや漫画で、登場人物が数万「ボルト」の電圧を掛けられて黒焦げになっている描写があります。当然作中でそういうものでは死に至ることはめったに無いコメディ描写であることも多いのですが、現実でも、電圧が高いのは意外と大丈夫な事が多いようです。静電気を帯びた状態で金属のドアノブなどに触れた時の「バチッ」という音と痛みは、大体2000ボルトから3000ボルトくらいの電圧だそうです。
しかし、電圧ではなく、電流になると話は一気に変わります。
痛みを感じるアンペア値は、大体1mA(ミリアンペア)程度からだと言われており、こんなに小さい値なのに、と思われるかもしれません。
住宅内で使う機器では100v電源がほとんどですが、電流になると数mAどころか数アンペアの電流が流れる機器はたくさんあります。
万が一それらが漏電していたとして、それに触れてしまったら、自力で感電から逃れることが出来ず、最悪の場合死に至る危険性があることは、覚えておく方が良いでしょう。
だからこそ、住宅内のブレーカーには、漏電ブレーカーが取り付けられています。漏電していることを瞬時に感知して、電源を落としてくれるのが漏電ブレーカーの役割です。
万が一、これが故障している場合には、一刻も早い修理をご依頼ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211