コラム

万が一の漏電に「アース線」を

気が付いたらコードから電気配線のコイルがむき出しになっていたというようなことは、一度は経験のあることではないでしょうか。このような状態は、電気が漏れ出しているため感電の危険性が非常に高く危険です。トラブルにならないと気が付きにくいのが「漏電」ですので、水回りにある製品の安全対策は特に行いたいものです。
「アース線」があらかじめ取り付けられている電化製品を選ぶようにすると安全ですね。電源コードではない、緑色や黄色の細めのコードが「アース線」です。電源コンセントのアース端子に接続することで機能を果たします。
「アース線」とは、地中に埋めた金属棒を通して電流を逃がすためのもので、漏電した際に安全対策の役割を果たします。アース線が付いていれば、漏電した電気は地面に流れるので感電を防いでくれます。ウォシュレットや洗濯機、電子レンジには、必ずといっていいほどアース線が取り付けられています。「アース線」を軽視せず、使用している電化製品についていないものがあれば取り付けも検討しましょう! 
万が一漏電した際には、当相談窓口にご相談いただければすぐに漏電修理に伺います。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211