コラム

ブレーカーが担う役割とは?

皆さん、最初は電気機器を使う際に幾つか平行して使用し、ブレーカーが落ちてしまう事があると思います。しかし何度かそれを繰り返す事によって、これ以上他の物を使うとブレーカーが落ちてしまう、まだこの電気機器は使ってもブレーカーは落ちないなど、ある程度基準が分かってきますよね。このブレーカーの役割とは、ズバリ火災事故をふせぐためなのです。使用している電気機器が漏電している場合にもブレーカーは落ちるので、言わば危険を知らせてくれる存在です。実際に、電気火災が起きてしまう主な原因は接続箇所や細い電線や発熱、電気機器の漏電が主な原因と言われています。いかにブレーカーという存在がが火災事故から守ってきてくれたのか実感します。しかし電気機器のトラブルなどを調べると、ブレーカーがとても頻繁におちてしまうなどブレーカーについてのトラブルが絶えないのです。これではブレーカーは役割を果たしていませんし、私たちも安心して電気機器を使うことが出来ませんよね。ブレーカーの故障というのはそれから先の一大事になり兼ねません。ですのでブレーカーが落ちるタイミングが少しでもおかしいと感じたら、すぐにでも業者に知らせる事をおすすめします。また漏電修理110番ではコンセントの火花といった接続部分にも対応しているので是非一度ご相談下さい。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211