コラム

トラッキング現象とは

私たちが普段使用している電気は、使い方を間違えれば非常に危険なものです。その中でも漏電は代表的な電気トラブルで、感電や火災など、甚大な被害をもたらす恐れがあります。そのため、漏電が発生しないように絶縁体の強度を上げ、万が一漏電しても被害が軽減されるように備えているわけです。漏電修理は大切ですが、その前に漏電が発生しないように注意するべきでしょう。
さて、そんな漏電の原因として警戒していただきたいのが「トラッキング現象」というものです。有名な現象ですので、その名を聞いたことがある方も多いでしょう。トラッキング現象は、主に長期間にわたって差しっ放しになっているコンセントで発生します。時間が経つと、コンセントとプラグの間にホコリが溜まります。そのホコリに湿気が入りますと、プラグ間で火花放電が繰り返されるようになります。その時発生する熱が絶縁部を破壊して、「トラック」と呼ばれる電気の通り道を形成します。ここから放電し、発火してしまうのがトラッキング現象なのです。
対策としては、そもそもの原因であるホコリを取り除く事です。特に洗面所やキッチンなど、湿度の高い場所は要注意です。テレビや冷蔵庫の裏など、大型の家具の裏に接続されたコンセントは普段の掃除が行いにくい場所ですので、時々でもお掃除しましょう。また、トラッキング防止加工が施された電気コードや、ホコリの侵入を防ぐカバーを取り付けるという対策もあります。漏電はそもそも発生させないのが一番ですので、漏電修理の前に漏電予防をお考えください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211