コラム

トラッキングに漏電ブレーカーは有効なのか

コンセントにホコリが付着してしまうと、電気がホコリにまで通ってしまって加熱されてしまいます。それが原因で出火、更に規模が大きくなって火事にまで至ってしまいます。非常に危険ですのでコンセントやプラグにホコリが付着するのを防ぐようにしましょう。そのためのカバーなどがありますし、定期的に掃除をしてあげることがよりリスクを下げることができます。しかし「我が家には漏電ブレーカーがあるから問題はないだろう」と油断されていないでしょうか。確かに漏電ブレーカーがあれば漏電が起きた途端に電気が止まりますし、漏電の修理をする際には漏電ブレーカーを利用してどこで漏電が起きているのかをチェックします。しかし、これはトラッキングの際には役に立ちませんので気をつけましょう。実はトラッキングでは漏電ブレーカーが反応しないのです。漏電ブレーカーは、そこを通った行きと帰りの電流の量が同じであるかどうかで漏電を判断します。トラッキングはホコリの間を微弱な電流が通るだけですので、漏電ブレーカーが感知するほどのものではないのです。そのためにもしもトラッキングが起きていても、漏電ブレーカーは反応しません。漏電ブレーカーが落ちたら漏電の修理やホコリの掃除をすれば良いだろうと油断していると、すぐに火事が起きてしまうかもしれません。このように油断をするのは止めましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211