コラム

きちんとアース線を取り付けていますか?

もしも漏電が発生してしまった場合、すぐに漏電修理が必要になります。そうしなければ、漏電ブレーカーが切れることによって満足に電化製品が使えなくなってしまったり、火災や感電の危険があるためです。しかし、事前に漏電に備えておく方法もあります。それは、アース線の取り付けです。きちんとアース線を取り付けていれば、漏電した電気を地面に流してくれるため、感電を防いでくれるのです。アース線は重要なもので、湿気や水気のある場所などは設置義務が設けられているほどです。実際に、アース線は電子レンジや洗濯機などにつけられていることからも明らかです。
アース線の端子にはいくつかの種類がありますが、特に普及しているタイプの取付方法をご紹介いたします。

1.アース端子のカバーを開ける。
2.内部のネジを左に回して緩める。
3.アース線の芯を端子に繋ぐ。
4.逆の手順でネジを締め、カバーを閉める。

これで、アース線の取り付けは完了です。特に技術や資格などは必要ないため、安全のためにも忘れずに取り付けておきましょう。端子の種類によっては、より簡単に取り付けられることもあります。また、取り外す際は逆の手順を踏めば良いだけです。
漏電の発生は、非常に危険な状態です。もしも漏電が発生した際は、すぐに当サイトよりご相談ください。すぐに現地対応スタッフがご訪問し、修理させていただきます。もちろん、普段からアース線の取り付けを忘れないようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-805-6211