当サイト相談スタッフから

ブレーカーの各種工事をご希望の方からのご依頼が増えています

スタッフ写真

ブレーカーというと大きくアンペア数が書いてあるものを想像するのではないでしょうか。ちなみにこのブレーカーは地域によってはついていないこともあるのです。一般にブレーカーが落ちたというときはここが落ちることもありますが、その先の分岐点に設けられる配線用遮断器が落ちることもあります。もし、一つの大きな遮断器しかなかった時には、一部分にて異常が発生したときに全体に影響を与えることになりかねません。ですから個々に回路を切り離しができるのです。だからコンセントなどはすべて配線用遮断器から分岐をしているのです。この配線用遮断器ですが、工事の時に配慮がされていれば、ブレーカーが落ちても影響が出にくいように設計されていることもあります。どういうことかというと、照明回路やコンセントなどしっかりと区別するのです。家の中あらゆる場所で大量に電気を使用した場合は難しいのですが、もし一つの配線用遮断器に集中していた場合はその遮断器だけが落ちることになります。照明回路が落ちるケースは少ないので、夜でも安心してブレーカーを上げることができます。ただ気を付けたいのが使い過ぎだけで落ちるとは限らないということです。もし漏電のため漏電遮断器が落ちた場合は工事が必要な可能性があります。工事をしなければ事故になる可能性があります。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。