当サイト相談スタッフから

漏電ブレーカーの交換ならお任せ下さい

スタッフ写真

ブレーカーが落ちた時などに操作する、ブレーカー類がまとまったところを分電盤といいます。そこにつけられているブレーカーの一つが漏電ブレーカーです。漏電ブレーカーは基本的に一番大きなブレーカーの次に設置されている物です。また地域によっては一番大きなブレーカーがない場合もありますが、漏電ブレーカーは基本設置されます。この漏電ブレーカーは電器製品を安全に取り扱うためには、大切です。その理由として漏電の危険性です。漏電すると人体に流れますが、体が硬直してしまうことがあり手を離せなくなることもあります。つまり死の危険性もあるということです。しかしきちんと設置をしていれば、回路を遮断してくれるため安全です。どうして遮断できるのかというと、それはブレーカーを通る電気は通常行きと帰りは同じに流れているためです。しかし漏電をすると人体を伝っていくため、差が発生するのです。それを検知します。そんな漏電ブレーカーの交換工事には資格が必要です。安全を守るためにも交換は必要なのです。適正に工事されなければ死の危険を伴います。交換すべきなのか気になるときには本体にはテストボタンがありますので、試してみるとよいでしょう。電気は安全に正しく使いましょう。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。