コラム

漏電して電気代が高くなる!? 漏電の原因と確認方法について

漏電して電気代が高くなる!? 漏電の原因と確認方法について

「今月の電気代がいつも比べて高い気がする。そんなに電気を使った覚えがないのに。」普段使っている電気代について、そのような疑問を感じてしまうことはないでしょうかもしかしたら「漏電」が原因で「電気代」が高くなってしまっているかもしれません。漏電の原因をつかんで、しっかりと対処をしていきたいです。

漏電ってそもそも何?原因は2つ考えられます

漏電という言葉は耳にしたことがあるが、いったいどこに電気が流れるのか。どのような影響を与えてしまうのか。また、漏電を起こす主な原因は2つあるので、紹介していきます。

 

・漏電とは?

「漏電」=「電気が漏れている」という意味です。電気が本来の目的以外の回路に流れることを言います。別の回路に流れてしまうことで、動作がおかしくなってしまい動作不良を起こすことになってしまいます。

 

・電線の老化

漏電の原因の一つとして考えられるのは「電線の老化」です。電化製品の線には、電気が漏れないように絶縁処理されています。電線が劣化・老化してしまうと、中の絶縁体がはがれてしまって電気が漏れてしまうことがあります。

 

・湿気・結露

漏電の原因としてもう一つ考えられるのが「湿気と結露」です。実はこれが漏電の原因として一番考えられています。湿気と結露により、水が電化製品やコンセントの中に入り込んでしまうことで漏電を起こしてしまいます。

 

漏電すると電気代が高くなるって本当!?ほかにどんなリスクがあるの?

漏電して電気代が高くなる!? 漏電の原因と確認方法について

本当に漏電が原因で電気代が原因で電気代が高くなってしまうのでしょうか。本当に高くなってしまうならば、早急な対処が必要です。ここでは、漏電と電気代に関する内容と、漏電しているときのリスクについて理解していきます。

 

・漏電すると電気代が高くなるのか?

最近の家庭では漏電したときに「漏電プレーカーが落ちる」ように作られています。漏電が起こっているからといって「電気代が高くなってしまう」ということは考えられません。

 

・漏電を放置するリスク

漏電が起こっていても「電気代が高くならない」ことから漏電を放置することはリスクを伴い、たいへん危険です。あくまで「電気代が高くならない」というのは、漏電ブレーカーが故障してないことに限ります。もし漏電ブレーカーが故障してしまったら、漏電を防ぐことができず電気が流れ続けてしまい、電気代が多く発生します。

 

また、このまま放置すると感電して火災にもつながってしまうので、注意が必要です。

 

漏電しているかどうかの確認方法・対処

家の中で漏電が起きてしまっているときは、いったいどのような現象が起きるのだろうか。漏電箇所の確認方法や、対処方法を理解していきます。

 

・漏電するとどんな症状がでる?

漏電が起こると、多くの電化製品を使っていなくても頻繁にブレーカーが落ちる症状が出てきます。これは「漏電ブレーカー」が漏電を判断して落ちるようにできているからです。大量の電化製品を使っていなくても、頻繁にブレーカーが落ちる症状が起こったら漏電の可能性を考えてみてください。

 

・漏電場所の確認をしましょう

頻繁にブレーカーが落ちて、漏電の可能性が考えられるようになったら、まずは家の中にある「分電盤」を見るようにします。そこで漏電ブレーカーを見れば、家のどこで漏電が起こっているか探すことができるかもしれません。(漏電ブレーカーがない場合は主幹ブレーカーを見ます)ここで、漏電ブレーカーを見て「漏電の場所を探す」方法を説明します。

 

漏電の場所を探す方法
  • 1. 主幹ブレーカーをONにします
  • 2. 分岐ブレーカーをすべてOFFにします
  • 3. 漏電ブレーカーをONにします (ない場合はこの作業はスルーします)
  • 4. 分岐ブレーカーを一つずつONにしていきます ここで漏電ブレーカーが落ちないかチェックします (漏電ブレーカーがない場合は、主幹ブレーカーをチェックします)
  • 5. 漏電ブレーカー(または主幹ブレーカー)が落ちる場所が漏電している場所です ここで注意しなければいけないのは、漏電している場所が一ヵ所とは限らないので、分岐ブレーカーを一つずつ確認していき、すべての分岐ブレーカーをチェックするようにしてください。
  •  

    ・漏電を見つけてしまった!そんなときは?

    漏電の場所を探す方法で、漏電が見つけることができました。それからどう対処すればよいのでしょうか。まず、漏電している場所で使用している家電製品を調べます。本体に異常な箇所がないか確認して、特にコードに注意して確認します。断線していたらコードを外してください。それでも漏電ブレーカーに異常がある場合は故障している可能性があります。

     

    ・漏電の確認には注意が必要です!

    漏電ブレーカーに異常があって故障しているのは配線がショートしているかもしれません。そこからも火事が発生してしまうことがあるので、早急に電力会社に連絡してください。もし火事で家が全焼してしまったら「漏電で電気代が高くなってしまった」っていうのとは比較できないぐらい多額の金額がかかってしまうので注意しましょう。

     

    電気代が高くなるのは漏電以外のケースも…

    電気代が高くなるのは漏電以外のケースも…

    ・ケース1:メーターの故障

    屋外の電力メーターが故障してしまっていて、異常な数値を出していることが考えられます。古くからあるアナログな電力メーターを使っていると起こってしまうかもしれないので、最新式の電力メーターに変えるとこのケースはなくなることでしょう。異常な数値が出ている場合は、電力会社に相談してみてください。

     

    ・ケース2:盗電されている!?

    もしかしたら家の外から電気が不正利用されているかもしれません。屋外にあるコンセントがある場合、そこから勝手に電気が使われている可能性もあるので、家の外も注意してみることも必要かもしれません。盗電は犯罪ですので、使用を発見した場合にはすぐに警察に電話してみてください。

     

    ・困ったら業者に相談してみよう

    家の中で漏電が起きているのかわからない。そもそも本当に漏電しているかどうかもわからない。漏電の確認する方法が分かっていても個人ができるかどうか不安に感じてしまうこともあることでしょう。不安に感じてしまった場合は、専門の業者に相談してみてはいかがでしょうか。場合によっては電力会社に連絡が必要になるかもしれません。

     

    電気代にプラスして金額がかかってしまうかもしれませんが、今後の電気代トラブルが解消できたり、不安が取り除かれたりするので、相談してみてください。

     

    まとめ

    滅多なことがない限り、「漏電から電気代が高くなることがない」ということが理解できました。ただし、漏電を放置せずに対策しないと本当に多額の電気代請求がきてしまう可能性があるので、漏電が考えられる場合は確認と対策してください。電気・電力関係で、個人での確認・修理が難しい場合もあるので、対策にお困りの際は専門の業者に相談してみてください。

    0800-805-6211
    

    通話料無料 携帯電話 PHSもOK

    0800-805-6211

    24時間365日、日本全国受付中!

    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    CM

    24時間365日サポートいたします

    0800-805-6211

    24時間365日、日本全国受付中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    • 無料相談はこちら

    選ばれる4つの理由

    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。