コラム

皮膜を破るのは誰か?

家庭で使用されている電力でも、使い方を間違えれば重大な被害を及ぼします。そのため電気機器や電気配線には、絶縁体という電気を通さない皮膜で厳重に絶縁されています。しかし、この皮膜も完璧ではなく、何らかの理由によって剥がれてしまう事があります。そうなると内部の配線はむき出しになり、漏電が発生する原因になります。
それでは、どのような理由で絶縁体の皮膜が剥がれてしまうのでしょうか。どうしても避けられないのは、経年劣化です。配線には常に熱や電気によるストレスがかかっており、その耐用年数はおよそ20~30年と言われています。さらに、周辺環境の温度が高かったり、タコ足配線による過電流によって高温が発生したりすると傷みは早くなります。また、シロアリやねずみによって皮膜が齧られてしまうというケースもあります。
それらの原因を取り除かない事には、何度漏電修理を行ったとしてもすぐに再発してしまうでしょう。漏電修理を依頼した際は、どのような原因から漏電が発生したのか、それを解決するためにどうすればいいのかよく相談するようにしましょう。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。