コラム

漏電ブレーカーは設置義務があります

漏電は、感電による命の危機、発熱による火災の発生を引き起こします。それを防ぐためには、そもそも漏電させないのが一番ではありますが、どれだけ注意していても漏電が発生することはあります。
そこで頼りになるのが、漏電ブレーカー(漏電遮断器)の存在です。もしも漏電が検知された場合、ブレーカーが落ちることによって電気の流れが止まりますので、漏電による被害を防ぐことができるのです。その漏電ブレーカーですが、実は以下のように、法律によって設置が義務付けられています。

「金属製外箱を有する使用電圧が60Vを超える低圧の機械器具に接続する電路には、電路に地絡を生じたときに自動的に電路を遮断する装置を施設すること。」

「自動的に電路を遮断する装置」とは、漏電ブレーカーのことです。「金属製外箱を有する使用電圧が60Vを超える低圧の機械器具」には様々なものがありますが、具体例としては冷蔵庫・電子レンジ・エアコン・洗濯機などが挙げられます。つまり、一般住宅やオフィスなど、電気が使用されるほぼすべての場所が該当することになります。

しかし国の調査によりますと、漏電ブレーカーの普及率はおよそ90%と言われています。新築物件の場合にはほぼ100%設置されていますが、古い物件では漏電ブレーカーが設置されていないことがあるのです。もしも漏電ブレーカーが見当たらない場合は、すぐにブレーカーの増設をご依頼されたほうがよろしいでしょう。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。