コラム

漏電しているのが分かったら

通常、漏電ブレーカーが設置されている建物内で漏電が発生した場合、漏電ブレーカーによりほぼ瞬間的に電気が遮断され、漏電による事故を防ぎます。 しかし、漏電ブレーカーが設置されていなかったり、あるいは漏電ブレーカーが故障していて作動していない場合はどうでしょうか? 本来であれば漏電ブレーカーが作動して、自動的に全ての電源が止まるはずですが、漏電ブレーカーが故障していると、電気がそのまま流れ続けます。 大電流が流れる機器や水を使う電気機器で漏電していた場合、死亡事故に発展する場合もあります。 もし、幸運にも事故が起きる前に漏電と、漏電ブレーカーの故障について分かった場合はどうすればよいのでしょうか? まず、電気が流れていると危険なので、ブレーカーの中の電力会社の設置したブレーカーをOFFにします。 こうすることで、電流が流れっぱなしになることを防ぎ、感電や故障の原因を排除できます。漏電ブレーカーが復旧するまでは、危険なので電源をONにすることは避けて、速やかに専門の修理業者を呼びましょう。 専門業者が見つからない場合、当サイトにご相談を頂ければ24時間体制でコールセンターが稼働しており、加盟店をご紹介することができるので、お気軽にお電話ください。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。