コラム

漏電した時の対処法

突然ブレーカーが落ちてしてしまい、停電してしまうというような経験をしたこと事がある方は多いと思います。ブレーカーが落ちる原因は色々ありますが、一番多い原因は電気の使い過ぎによるものだと言われています。しかし、漏電が原因の場合もあり、漏電が原因で停電してしまった場合、そのまま電気を使用するのは大変危険です。 漏電している場合、修理が必要になりますが、漏電修理を自分で行うのは非常に危険ですので、専門業者に修理を依頼する事をおすすめします。 修理屋さんが家に来るまで、ずっと停電したままという訳にはいかないと思います。 漏電してしまった場合、漏電箇所を特定することで漏電箇所以外の電気の使用は可能になります。ブレーカーには主幹ブレーカーと分岐ブレーカーという物が存在します大概は一番大きなブレーカーが主幹ブレーカーで、主幹ブレーカーの下や隣に複数取り付けられている、小さなブレーカーが分岐ブレーカーです。 停電の原因が漏電の可能性がある場合、一度分岐ブレーカーを全部OFFにし、主幹ブレーカーをONにします。その後1つずつ分岐ブレーカをONにします。漏電が原因でブレーカーが落ちている場合、漏電している場所のブレーカーがONにした瞬間主幹ブレーカーが落ちるので、漏電箇所の特定することができます。 漏電箇所が判明すれば漏電していない場所のブレーカーをONにして修理屋さんの到着を待ちましょう。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。