コラム

漏電したところを知るには

家の中には色々な電気配線がありますので、漏電の修理をしようにもどこで漏電が起こっているのか一見すると分からないかと思います。配線はほとんどが壁の中ですので外から見て分かるようにもなっていません。しかし、漏電の発生源を知る方法はあります。漏電ブレーカーを利用した方法です。配電盤についている漏電ブレーカーは、漏電が起こっていると感知したら電気を止めるようになっています。この仕組みを利用して漏電の発生個所を見つけるのです。まず全てのブレーカーを落として、次に漏電ブレーカーを上げます。そこから落としたブレーカーを順々に上げていくのです。もし漏電を起こしている配線のブレーカーがあれば、そのブレーカーを上げた途端に漏電ブレーカーが落ちてしまうので、そこが漏電の原因であると分かります。しかし、漏電の原因が分かっても下手に漏電の修理をしない方が良いでしょう。電気関係のことは知識や技術が必要ですので、修理したと思ったら全く修理できていなかったり、むしろ状況を悪化させたりする可能性があるからです。しかし漏電の修理を可能とする業者でしたら対応可能です。更なるトラブルを起こすかもしれない自力の漏電修理ではなく、作業に慣れた業者に漏電の修理を頼みましょう。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。