コラム

ブレーカーの種類をご存知ですか?

漏電が発生しますと、漏電ブレーカーが落ちて漏電事故を防いでくれます。頼りになる漏電ブレーカーですが、実際にご家庭の分電盤を見てみますとブレーカーがいくつも付いていることがわかると思います。漏電ブレーカーは、その中のどれにあたるかご存知でしょうか。そして、それぞれのブレーカーにはどのような役割があるのでしょうか。ブレーカーは、以下のような三種類に分けられます。

・アンペアブレーカー
アンペアブレーカーは、分電盤の左側に付けられていることが多い、大きく色のついたブレーカーです。数字が記載されており、それは電力会社との契約アンペアを示しています。そのアンペア値を超える電気を使用した場合にブレーカーが落ち、全ての電気が使えなくなってしまいます。対策としては、一度に大量の電気を使わない。また、契約アンペアを大きくするという方法があります。

・漏電ブレーカー
分電盤の中央寄りに設置されている事が多い、大き目のブレーカーです。漏電が発生した際に電気の流れを遮断し、全ての電気が使用不能になります。対策としては、漏電修理が必要になります。もしも電気製品が漏電している場合は、その製品を交換するだけでも回復が見込めます。どちらにしても、安全ブレーカーを利用した漏電チェックをするようにしましょう。それによって、漏電の大まかな場所が判明します。

・安全ブレーカー
分電盤の右側にある、複数のブレーカーが安全ブレーカーです。それぞれの部屋に回路が繋がっており、その回路で一定容量以上の電気を使用した場合、その回路のみブレーカーが落ちます。こちらも、電気の使用量を減らすことで解決します。

漏電ブレーカーが落ちてしまった場合、まずは全ての安全ブレーカーを落としましょう。そして漏電ブレーカーを入れて、安全ブレーカーを一つずつ入れていきます。そして漏電場所に当たった場合再びブレーカーが落ちますので、これを繰り返して漏電場所を探ります。しかし、漏電している箇所に触れれば感電の危険もあります。漏電修理は大きな危険を伴いますので、その修理に関しては業者に任せるようにしてください。

0800-805-6211


通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

CM

24時間365日サポートいたします

0800-805-6211

24時間365日、日本全国受付中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。